ラハシャのオンラインコース「コンシャスリヴィング」のサポートクラスが
ZOOMの一般公開のライブで学べる特別クラスです。

ラハシャの「コンシャスリヴィング」のオンラインコースでは
ラハシャがこれまで、
医師として、セラピストとして、心理学者として、
そしてスピリチュアルティチャーとして、
35年以上の長年にわたり、世界各国で、
何千人、何万人もの人たちに、ワークしてきた
その集大成ともいえる講座です。

ラハシャのZOOMライブクラスでは、
その「コンシャスリヴィング」の学びのなかから
各テーマのトピックにフォーカスをしていきます。

自分らしくあるためのアート

この三部構成のコースでは、
自分自身に問いかけるべき最も重要な質問のいくつかを、
深く自分自身に問いかけていきます。

この三部構成の旅のなかで、
私たちは「私」であると信じてきたエゴの構造を探っていきます。

私たちが自分だと思っているものは、
子どもの頃に学んだことや、
他人の意見によって作られた信念の集合体であることに気づきます。

ある日、「蓮の中のダイヤモンド」が姿を現し、
私たちは自分以外の何者にもなれない、
自分自身でしかいられないと気づくのです。

自分が自分であることを許せば、
他人にも自分である自由を与えることができます。

そのようにして、
人生のあらゆる人間関係に影響を与えることができるのです。

パート1
2022年9月10日(土)14時〜16時

※終了しました。

“私は誰なのか?”
自分自身であるとはどういうことなのか?

ここでは、「via negativa」、つまり、自分が何者でないかを究極的に認識することを探求します。

これは、困難なように見えますが、解放されていく発見です。

私たちが通常EGOと呼んでいるもの、つまり偽りの自己を見抜き、プレゼンスへと目覚めます。

パート2
2022年10月22日(土)14時〜16時

※終了しました。

“真実とは何か?”
この激動の人生の中で、どうすれば平安を見出すことができるのか。

パート2では、私たちは自分の「本質的な資質」、
つまりこの転生で与えられたこの神聖な存在の贈り物を発見し、それに目を向けます。

私たちは、くつろいだ、自然な状態になり、
存在が私たちを通って生きることをゆるすようになることで、
自分自身の独自性をますます再発見することができるようになります。

自然な「善」が現れます。

パート3
2022年12月17日(土)14時〜16時
愛、意識、自由とは何か?

パート3では、自分自身を中心に据えて、
自分の本当の存在が、無限の空間、無限の自由、
愛に満ちた優しさにのようなものであるという事実を認識し、楽しみます。

ここから生きることは、自分自身と、出会うすべての人々への祝福となります。


日程 2022年12月17日(土)  
時間 14:00~16:00
   ※時間は多少前後することがございます。
会場 Zoom オンライン
費用 7,700円(参加費、通訳、税込)
※早割 7,000円 (12月5日(月)までにお申込・お振込完了の場合)
定員 50名
講師 ラハシャ・フリッチョフ・クラフト博士
※どなたでもご参加いただけます。
※こちらはインターネットを使ったオンライン開催です。
※ご自身のお顔の公開をOFFにして、ご参加いただくことも
できます。
※瞑想が始まりますとお入りいただけなくなる場合が
ございます。なるべくお時間までにご参加ください。
※参加者には録画をお渡しいたします。何度でも聞くことができます
(有効期限2週間)。
※当日参加できない方も、録画で参加することができます。
※コース受付の締め切りは、12/16(金)17:00までのご入金完了となります。

 

 


瞑想の後、とても穏やかで静かに新しい自分に出会う感覚がありました。
それは、誰かの話すこととわたしの間に、ラハシャが話すこととわたしの間に、カーテンがない感覚といえるものでした。

話されることへの答えを用意したり、話されることを予想したり、ジャッジとか枠組み、思い込みはなくて、ただそこで出会う感覚に小さな新鮮さがありました。

それ自体は、はじめての感覚とか新鮮な感覚ではないけれど、日々の中で自分自身のニューマンの誕生に触れているということにより意識的になりました。

言葉ではうまく言えそうにはないけれど、オーラソーマのコーラルの色の新しい理解を受け取っています。わたしの枠組みとか殻、「知っている」もので固めた内側と外側の間の壁、それが崩壊したときに出会う新しさは、わたしという新しさでした。

それはまた通り過ぎて、瞬間瞬間に見失うのだけど、そうしてまた新しさに出会うことの体験は心地のよいものでした。

きっと、今回の気づきとか体験でさえ、わたしはそれを使って枠組みとかカーテンを作るのだろうけど、
「今回のコースは、何かになることを壊すことをしている」と言ったラハシャの言葉とカーテンを開けるようなジェスチャーでポマンダーをもたらすことが助けになるような気がしました。

パート2、パート3も楽しみにしています。
(Nさま 40代、オーラソーマプラクティショナー&ティーチャー)

 

ラハシャのオンラインコース
「コンシャスリヴィング」がライブで学べるクラスです

ラハシャのオンラインコースでは
ラハシャがこれまで、
医師として、セラピストとして、心理学者として、
そしてスピリチュアルティチャーとして、
35年以上の長年にわたり、世界各国で、
何千人、何万人もの人たちに、ワークしてきた
その集大成ともいえる講座です。

ラハシャのライブクラスでは、その「コンシャスリヴィング」の
学びのテーマのひとつひとつに、より深くフォーカスをしていきます。

【講師】
ラハシャ・フリッチョフ・クラフト博士
ドイツで医学を修め、緊急治療室での医師を勤め、診療所などで診療していました。病気の治療よりも、病気になる前に予防できないかと考え、ホリスティックな観点からヒーリングの研究に取り組み、フランス、アメリカ、インド等で東洋医学やカウンセリング、プライマルセラピー、エンカウンター、ブレス、エイクソニアンヒプノシス、タントラ、メタフィジカルリーディング、オーラソーマ、エナジーワークなどの様々なセラピーや、瞑想についても研究を深めました。セラピストやカウンセラー、オーラソーマティーチャー、プラクティショナーなどのためのヒーリング、カウンセリング等のトレーニングやをアメリカ、オーストラリア、カナダ、ヨーロッパ、台湾、中国、韓国、日本などで教えています。 スピリチュアルリーダーとしても世界的に活躍しています。

参考図書

*ただいま、品切れです。電子書籍はこちらでご購入できます。