OAUではこのたび、コマラ・ローデとの共同企画として
コンパッション(慈悲)の実践会を毎月第1水曜日に開催します。
毎回30分〜45分ほどを予定しています。

CCT(コンパッション育成トレーニング)の公認ティーチャーである
コマラ・ローデによって、行われる瞑想会です。

このコンパッション実践会は、無料で、サポートのあるグループの中で、思いやり(コンパッション)のある聴き方や分かち合い方を学んでいきます。

コンパッションをどのように自分の日常生活や人生に活用していくかを
学ぶことができる機会です。

瞑想の経験がなくても、どなたでもご参加いただけます。

現在新型コロナウイルスについて、世界中で新型コロナウイルスの変異種オミクロンによる感染が伝えられ、日本でも感染に対する恐怖や不安、それに加えて、ワクチンの状況や、今後の先行きへの不安などが社会の中に蔓延しています。

そんななかで、このコンパッションの機会が、心の平安や安心を取り戻すためのサポートとなればと思います。

この困難な時期に、つながりとコンパッション(思いやりと慈愛)の実践の機会になればと思います。

*コンパッション(CCT)のプログラムの経験は必要ありません。
*コンパッション(CCT)については、こちらをご参照ください。
 https://compassioneducation.jp/

自分にも慈愛のこころで接することで、とても満たされました。それから、相手や万物の幸せを願い、苦しみがハートの光の中に溶けていったときに、慈愛を経験することができて、とても穏やかや気持ちなりました。そして、チャレンジングな場面でも、「相手にも、苦しみがある」と思うと、とても優しい気持ちで、接することが出来ました。そのようにできた自分を愛することが出来ました。ありがとうございます。
(60代 佐々木匡子さま)

慈悲といったものが抽象的で、意味も深すぎて捉えどころがないものに思っていました。こちらの実践会を受けて、言葉で自分を抱きしめるのはこういうこと?といった新鮮な感覚がありました。
私個人の日常では、他者や自分に愛情を向けるとき、明確な言語では表現しません。(見守る、気を配る、たまには楽をする等)
けれどこのコースでは、そういった曖昧さを全て言語化して畳み掛けてくる明確さがありました。優しさが何かわかりやすく、心に刻み込まれるような気がしました。
短い時間でしたので、また機会があったら体感してみたいです。
(40代 Aさま)

そうそう、この感覚! と思いました。
とても寛いで、喜びがハートに満ち満ちてくる至福。
ラハシャが教えてくれた、アティーシャの瞑想のようでした。一番好きな瞑想です。
アートユニティさんのラハシャの瞑想CDにも、タイトルは違いますが、痛みをハートで受け取って、吐く息でblessings を送る、というのがありますね。5年くらい前?から、とても好きでずっと聴いていました。
私には、これが必要なんだということを理解しました。
春からのコースを受講したいと思います。
今の外側の世界に振り回されずに、幸せに過ごして欲しいと思う友人たちに紹介したいと思います。
(50代 Hさま)

身近な人が苦しみや悲しみから解放され、平安がもたらされるようにといつも思うのですが、何も出来ない自分を責めている事が多かったです。実践会に参加して、呼吸を使い、ハートから愛を送るエクササイズを体験して、何か内側で起こっているように感じています。これからも、皆さんと関わっていけたらありがたいです。
(50代 Nさま)

コマラさんに誘われ心地よく瞑想出来たと思います。また、同時通訳がついていてとても分かりやすく、完全に英語がわからなくても、どちらも聞きながら集中出来ました。良い午前中を過ごすことが出来ました。一日のよいスタートをきれたと思います。ありがとうございます。
(50代 石村裕子さま)

 

*どの回も、どなたでも自由にご参加いただけます

日 程 2022年10月5日(水)
時 間 午前9:30-10:15(30分~45分)
※時間は多少前後する場合がありますが、ご了承くださいませ。
会 場 Zoom オンライン
参加費 無料
定 員 80名
講 師 コマラ・ローデ

※どなたでもご参加いただけます。
※こちらはインターネットを使ったオンライン開催です。
※ご自身のお顔の公開をOFFにして、ご参加いただくこともできます。
※瞑想が始まりますとお入りいただけなくなる場合がございます。なるべくお時間までにご参加ください。
※録画はございません。

インストラクター
Komala U. Rohde

コマラ・ローデは、コンパッション(慈悲・慈愛)育成トレーニング(CCT™️)の認定インストラクターです。

コマラはICF(国際コーチング連盟)の認定資格を得たプロフェッショナル・サーティファイド・コーチ(PCC)であり、上級コースを卒業したコアクティブコーチCPCC®(Certified Professional Co-Active Coach)でもあります。ドイツで生まれ。看護師としてキャリアを開始し、自然療法医学/心理学の学位を取得しています。メンター、コーチ、教師として国際的に活躍しています。
40年以上瞑想を実践しており、現在はストレス低減のためのマインドフルネス、ヴィパッサナ瞑想、アクティブな瞑想法、思いやり(慈悲心)の瞑想など、さまざまな伝統を実践し、教えてきています。サウンドレゾナンス創始者。この25年間、アリゾナ州セドナに夫と暮らしています。