このセクションでは、私たちの瞑想のツールの中でも、現在健康な人に最も適した記事や情報を見つけることができます。「瞑想セクション」には、はじめて瞑想する人に役に立つ指針が提供されています。

健康について のOSHOのビジョン


健康の四本柱

真の健康は、健やかな意識から始まります。Oshoはそれを構成する「四本の柱」についてこう語っています。

 健康は、肉体の現象にとどまらない。肉体の現象は、健康のひとつの次元にすぎない。しかもそれは、最も表面的な次元だ。肉体は基本的に、死に至るからだ。健康だろうと不健康だろうと、それはつかの間のものだ。

 真の健康は、あなたの内側であなたの主観性、あなたの意識の中のどこかで起こらなくてはならない。意識は、誕生も死も知らないからだ。それは永遠なのだ。

 意識において健康であるとは、第一に目覚めていること。第二に調和していること。第三にエクスタシーにあること。第四に、慈愛に満ちていることだ。この4つが充たされていれば、人は内面的に健康だ。

 すべての瞑想法は、あなたをもっと気づかせるための技法であり、あなたを非現実的な夢から連れだすための方便だ。そして、踊ったり、歌ったり、喜びに満ちてあることで、あなたはより調和に満ちた状態になる。

 ダンサーが消え、ダンスだけが残る瞬間がある。その稀なスペースで、人は調和を感じる。歌手はすっかり忘れられ、歌だけが残るとき、そこに機能している中心がなく、歌だけが残るとき、私として機能している中心がないとき──「私」がまったくないとき──そしてあなたがフロー(流れ)の中にあるとき、その流れる意識は調和している。

 目覚めて調和していることが、エクスタシーが起こる可能性を生みだす。エクスタシーとは、表現不可能な究極の喜びのことだ。それを、言葉で言いつくすことはできない。

 エクスタシーを手にしたとき、究極の喜びの絶頂を知ったとき、結果として慈愛がやってくる。

 あなたがその喜びを手に入れれば、あなたはそれを分かち合いたくなる。あなたは分かち合いを避けられない。分かち合いは不可避だ。それは、手に入れることの論理的帰結だ。

 それは溢れはじめる。あなたが何かをする必要はない。それはひとりでに起こりはじめる。

 この4つが、内なる健康の四本柱だ。それを手にしなさい。それは、私たちが生まれもった権利だ。私たちはただ、それを主張する必要があるだけだ。

Osho 『Don't Let Yourself Be Upset by the Sutra, rather Upset the Sutra Yourself』